2016年12月21日

道路の持ち分について

皆様、お久しぶりです。


今日は、私道の持ち分についてお話いたします。


今も、ハウシードボスは私道の持ち分について、苦労しています。

と言いますのも、昭和時代にはあまり問題にならなかった、

道路の所有権が今問題になっています。

建築基準法の公道とは、


@国道

A県道

B市道

の公共道路と

開発道路

位置指定道路
が主な道路で問題はないのですが、


個人や法人名義の私道路がくせ者になります。



自分の土地に面した道路がこれになっているのであれば少し厄介です。

例えば、

前面道路を掘り下げる必要のある、上下水道・ガス管の工事を行う場合、

所有者の承諾印が必要になります。

建物の建築には、当然、公道に間口が2m以上接していなければならないという規定があります。

この場合、条件が整えば43条但し書き道路として許可がでますが、問題は別にあります。


それは、



銀行の融資が承認されない場合が多いということです。




銀行さんは、その土地に建物を建てるための建築費の融資をする場合、

第三者の土地にしか面していない土地の評価がめちゃくちゃ低いわけです。

ということは、その土地を売却しようとしたとき、


いくら、安くて


自分の欲しいエリアにある土地でも、

次に買う人が銀行の融資を受けれなため買えないということです。


現金主義の方は良いかもしれませんが、


大半の方が借り入れをするはずですので、今はよくても次の代で困るわけです。


言い換えれば、土地の評価が何倍も違うということです。

では、その場合どうすればいいか?

まず、調べる方法は、法務局に行き公図を取ってみてください。

その時、前面道路に地番があれば要チェックです。

すぐに、その地番の登記簿謄本を取ってください。

所有者が誰かが次のハードルです。


その所有者から譲っていただくしか方法がありません。


対価を払ってでも取得すべきです。


これが、理解できない方がまだまだ多いわけで、ボスも苦労しています。


この仕事は、利益半分、ボランティア半分ですので、めげずに頑張る今日この頃です。


                ハウシードボス














span>
posted by ハウシード担当者 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 家についてのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。