2016年07月18日

今年の「庵治祭り」

ハウシードボスです。


昨晩、仕事帰りに私の大好きな

「庵治の皇子神社の祭り」に行ってきました。


映画で紹介された後、大人気となり、


年々丸山峠を越えるまでの渋滞がひどくなり、


昨日も八栗から丸山峠越えまで約1時間かかりました。



これからは、海から船で来ないといかんと思いました。



ただ、今年は庵治の「売り土地」を預かっていますので、


そこに車が駐車できることが分かっていたため、



一般の交通誘導を無視して、地元街道へ。


少しの、渋滞もなんのその!



無事、車を置いて、皇子神社へまっしぐら!

すでに、「御神輿」(通は「だんじり」と言います。)

参道の半ばまで下がってきていましたが、

ここを、下るのに約1時間ぐらいかけるのを知っていますので、余裕で写真どりできました。

庵治1.jpg


庵治3.jpg

ここの階段は急なうえに、鳥居さんが低くて途中が大変。

庵治4.jpg



見事、浜に降りてからは「どうだ!!!」とばかりに練り歩きます。

庵治5.jpg


その後30分ほど、花火に見とれている間、担ぎ手は休憩し、再度練り始めます。

庵治6.jpg

練りながら、屋根が外されいよいよクライマックスへ。



太古のリズムが早くなった途端、一気に猛ダッシュ!


庵治7.jpg


そこのけ、そこのけ、だんじりが通る!!

庵治8.jpg


まさに、蜘蛛の子を散らしたように観客も逃げまどうわけですが、

それが楽しいんです!!


一通り、練り走った後は、

だんじりを縦に立てて、ゆっくりと回します。

庵治10.jpg

ここで、花火もクライマックス。

最高の「日本の祭り百選」です。

庵治11.jpg

ここで、花火との共演写真がないのは、

そのとき、ボスは動画を撮っていたため、カメラの撮影ができなかったわけです。

相変わらず、「どんくさいわね!」って言われました。


しかし、

その時の画像をよ〜〜〜く見てください。

庵治11.jpg

支えている、担ぎ手の素晴らしい躍動感!!

この写真、今年一番のお気に入りです。


この後は、8人ほどで肩に担いで回すわけですが、

庵治9.jpg

力強い

さすが、漁師さんの祭り。

荒海の船を現した素晴らしい演出です。


そして、再度担ぎ手の腰付近までだんじりを下し、高速回転で回ります。


残念なことに、その時もボスは動画を撮っていましたので、写真画像がありません。


最後は、進軍ラッパ?が鳴り響くと、ゆっくりと海のなかへ向かい、

庵治12.jpg

庵治13.jpg


船に担ぎ上げ終了となります。


そのころ、ほかの船団では獅子舞が始まりましたが、


帰りの、渋滞のことを考えると、

ボスは後ろ髪をひかれながら、その場を後にしたのでした。

庵治14.jpg


本当に、庵治祭りは、「花火」「御神輿」「獅子舞」「船団」と、

祭りの醍醐味が全て凝縮された素晴らしい祭りと思います。

間違いなく、後世に伝えたいですね。

また、来年もいこっ〜〜〜〜と!!!














span>
posted by ハウシード担当者 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウシードHAPPYライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。